歯科で知覚過敏をレーザー治療

歯科では、虫歯の治療や歯周病の治療、知覚過敏などの治療も行っています。また、虫歯などの予防のために、歯のクリーニングなどで歯垢や歯石の除去をしてくれることもあります。治療方法はさまざまなものがありますが、歯科で知覚過敏の治療をする場合に、レーザー治療をすることもあります。冷たい飲み物を飲んだりすると歯がしみるような状態は、歯の神経などに影響するような孔が歯の表面にできているため、レーザーにより治療することで、その歯の表面を薄い膜で覆い、孔をふさいでくれます。そのため、歯のしみる状態などをある程度防ぐことになります。

知覚過敏とレーザー治療

知覚過敏は、歯の表面にあるエナメル質が傷ついたり削れたりして、その下にある象牙質があらわれることで起きます。この象牙質には歯の神経(歯髄)につながる細かい管(象牙細管)があり、その孔(あな)を通じて歯の神経に刺激が伝わって、冷たいものがしみたり、痛みを感じたりします。こうした知覚過敏に、歯科で行われる治療方法のひとつに、レーザー治療があります。歯の根元付近にレーザーを照射することで、歯の表面に薄い膜ができて、孔(あな)を塞いで刺激が伝わらないようにし、痛みを防ぐ効果があります。レーザーの種類はいくつかあり、歯科医によって異なります。またその機器によって受けられ治療や料金も違ってくるので、事前に調べる必要があります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科や自宅の知覚過敏治療 All rights reserved