知覚過敏に行う歯科治療

私たちの歯は、硬いエナメル質で守られていますが、このエナメル質が傷ついたり削れたりすると、その下にある象牙質が露出します。この象牙質には歯の神経(歯髄)につながる細い管(象牙細管)があり、その管を通じて刺激が神経に伝わるために、冷たいものがしみたり、痛みを感じたりします。これが知覚過敏です。その歯科治療のひとつが、コーティングです。まずは、「フッ化物が配合された薬」を塗る方法があり、フッ化物が歯の表面にあるミネラルを結びつけて、歯を硬くする効果があります。薬は症状によって、数回塗る必要があります。他には「レンジ(樹脂や歯科用セメント)」を歯につける方法があり、象牙質をカバーして刺激が伝わるのを防ぎます。コーティング材は歯磨きなどですり減っていくため、数か月ごとにつけ足す必要があります。

知覚過敏にはコーティングが1番

冷たいものを食べたり熱いものを食べたりするときに歯がキーンと痛むことがあります。そんなときはまずは知覚過敏を疑いましょう。まず、対応策としては専用の歯磨き粉を使うということが考えられます。ドラッグストアやスーパーで簡単に手に入るものなので手軽に試してみることができます。それでも治らない場合は歯科で歯にコーティングを施してもらいましょう。基本的にはフッ素が配合された薬品を使うことになりますが、場合によっては樹脂やセメントを使うことになります。歯磨きをしたりすることでコーティングが取れることがあるので何度も歯科に通う必要がありますが、その間に歯の再石灰化が進んで治ることが期待できます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科や自宅の知覚過敏治療 All rights reserved