歯医者でやってはいけないこと

歯医者に行く際には、やってはいけないことがあります。まず、予約を無断でキャンセルすると、時間を確保してくれているため、とても迷惑な行為となります。行けない場合には、きちんと伝えることが大切です。次に、歯磨きをしないで来院することも、歯磨きで足らない部分が発見できなかったり虫歯の発見ができなかったりしてしまいます。口紅やグリスは使用する器具やグローブに付着してしあうため治療がやりにくくなってしまうため、行くときには落とすことが大切です。

歯科で保険治療で使える金属

歯科の保険治療で使われる被せ物などに使われる金属の種類は、まず、12%金含有パラジウム合金の色は銀色で、保険治療で使える金属の中では最も良いものです。アレルギーなどの問題がある場合があります。プレシャスメタルは、高純度な合金で、全ての修復物や、補強フレームなどに使われゴールド色をしており、銀色より目立たず変色しません。セミプレシャスメタルは、合金で銀色をしてますが、変色はほとんどせず、強度も十分あります。ノンプレシャスメタルは、非貴金属合金で銀色で最も硬いため、部分入れ歯のばねやフレームなどに使われます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科や自宅の知覚過敏治療 All rights reserved