知覚過敏には歯科又は自宅で治療

知覚過敏は冷たいものや甘いもの・歯ブラシの毛先が歯に当たった時など、歯に感じる一過性の痛みのことです。虫歯を疑って歯科を受診しても虫歯や歯の神経には異常がなく、自分で歯や歯茎を知らない間に傷つけることから起こる場合が多いようです。自宅治療の方法としては歯磨きの時、歯ブラシの圧を弱くして毛先が少ししなる程度の感覚で磨くことや、口中で酸を中和する働きのあるキシリトールを50%以上含むガムを噛んで、唾液を多く出すことが改善に繋がるとされています。知覚過敏用歯磨き粉を使うことやフッ素を塗ることも良い方法で、フッ素塗布は歯科治療だけではなくジェルや口中を洗浄する商品が販売されているので自宅治療も出来ます。

知覚過敏は歯科の治療と自宅治療

冷たい飲み物を飲んだときに歯が染みたら知覚過敏かもしれません。歯科で治療をしてもらうことも大切ですが、自宅治療、対策として、歯ブラシを少しやわらかめのものを使ってみるのも1つの手段です。あまり硬い歯ブラシを使うと、歯や歯ぐきを傷つけ、それが知覚過敏の原因になることもあります。歯科での治療をも大切ですが、自宅でも自分で対策をすることも大切です。原因を自分で把握して、それに対策をすることで、歯の状態をよりよい状態に保つことにもつながります。定期的に歯医者で歯のチェックをしてもらうことも、虫歯のなどの早期発見につながるので、歯に違和感などがある場合には、歯医者で歯のチェックをしてもらうといいでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright © 歯科や自宅の知覚過敏治療 All rights reserved